子育て制度

子ども手当の金額を自動計算:今年はいくらもらえる?【2018年対応】

投稿日:

 

子ども手当の金額詳細の解説と、あなたの子どもの人数・年齢から子ども手当の金額を自動計算します。【2018年対応】

 



子ども手当の金額一覧:いくらもらえるの?

子ども手当(現行:児童手当)の金額は、以下のルールで支給されます。

子どもの年齢 1か月あたりの支給額
0~3歳未満 15000円
3歳~小学校修了前 10,000円(第1子・第2子まで)
15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円
所得制限(高所得)世帯 ※1 5000円

 

子ども手当は該当する子どもが0歳から中学を卒業するまで支給されます。支給月は2月・6月・10月の各月15日に支給されます。

子ども手当の支給日・支給月がわかる!あなたの振込日はいつ?

    目次1 子ども手当の支給日はいつ?2 子ども手当の支給金額3 子ども手当 ...

続きを見る

 

 

所得制限(高所得)世帯の基準

 

子ども手当を満額受け取るには、所得制限があります。詳細は以下ページを参考にしてください。

子ども手当の支給日・支給月がわかる!あなたの振込日はいつ?

    目次1 子ども手当の支給日はいつ?2 子ども手当の支給金額3 子ども手当 ...

続きを見る

 



子ども手当を自動計算しよう!

以下を入力し計算ボタンを押してください。

本年度受け取ることができる子ども手当総額を表示します。

0~3歳未満の子どもの数

3歳~小学生の数

中学生の数

第3子以降で3歳~小学生の数

 

 

  •  javascriptが無効になっている正常に計算できない可能性があります。
  • 概算の合計になるので、正しい金額についてはお住まいの自治体にお問合せください。
  • 所得制限を超えた方は、子どもの人数×5000円になります。
 


子どもの成長に合わせて、
「保険」
見直してますか?



子どもが生まれると、ライフスタイルや収入が大きく変わります。

学資保険や医療保険は特に子ども生活に大きくかかわる保険。しっかり吟味しておきたいところ。

保険は保険会社や契約によって、同じ保障の保険でも、年間数十万の違いが出ることも。

保険の法改正や各保険会社の新しいサービスなどで、自分に合う保険は日々変わります。

だからこそ、定期的に専門的知識がある人に、見直してもらうことが大切。

  【保険ニュース】は、保険商品に精通したファイナンシャルプランナーが、あなたの保障をプロの視点から見直しします。費用は無料。

「毎月の保険料が高い。もっと安くならないかな?」

「そろそろ子どもの将来のために学資保険をかけたいけど、どこがいいのかさっぱりわからない。」

あなたの家族にピッタリな保険、同じ保障でもっと安い保険があるかもしれません。

相談は【保険ニュース】へ。


-子育て制度
-,

Copyright© 子育てうぇぶ , 2020 All Rights Reserved.