保育園

保育園、何歳から入れる?0歳~2歳入園のメリット

更新日:

 

保育園は最短何歳から預けられる?0歳から預けるのはかわいそう?何歳が一番入りやすい?保育園入所は最短0歳から入所が可能。実際に預けたことがあるママの口コミを参考に「何歳から預ける」のが子どもにとって一番いいのかを解説。

 



保育園は何歳から何歳まで入れる?

認可保育園入所の年齢は、0歳からの入所が可能。認可の保育園であっても、施設によっては受け入れ年齢を1歳からに設定している保育園もあります。最短で預けれられる保育園は、生後57日目から預けることができます。産休が産後56日目なので、最短で入所できる保育園なら、産休明けから保育園入所が可能です。

ポイント

保育園は0歳(最短生後57日目)から入所が可能!

 

保育園は0歳から、小学校入学するまで在籍することが出来ます。

ポイント

保育園は0歳(最短生後57日目)から小学校入学まで在籍できる

 



保育園はみんな何歳から預けるの?

育休取得中の方は、1~2歳くらいから入所される方が多く、育休がとれない産休のみ取得の方は0歳から預けることが多いようです。

3歳くらいまで自宅で保育したり、無認可保育園を経て、認可保育園に申し込まれる方もいます。

 



保育園は何歳からが入りやすいの?

保育士一人当たりの乳幼児数は児童福祉施設最低基準で定められています。

 

保育士一人当たりの保育人数

  • 乳児・・3人まで
  • 1歳以上3歳未満児・・6人
  • 3歳以上4歳未 満児・・20人
  • 4歳以上児・・30人

🖍参考

保育園と幼稚園の違い比較表:一目でわかる施設の違い

  そろそろ子どもも幼稚園か保育園に通う年頃・・ 幼稚園と保育園、どっちがいいの? 幼稚園 ...

続きを見る

 

子どもの年齢が上がるほど、必要な保育士の数は下がってくので募集枠の人数も多くなり、入所しやすくなります。

0歳などの乳幼児で認可保育所に入所する場合、保育士数が不足しているため、すぐに入所できないことがよくあります。

 



0歳から保育園に入れるメリット

0歳から保育園に入れるメリット

0歳から入所できれば、保活で苦労しなくてよい

産休明けのタイミング等から0歳から入所できれば、その後から激戦になる保活で苦労しなくても済みます。

キャリアにブランクをあけなくて済む

0歳から保育園に預けられると、ママの仕事に大きくブランクを開けることはありません。

子どもが保育園内で人見知りせず成長できる

1歳~2歳をすぎ、自己主張や自己判断ができるようになってから保育園に預け始めると、強く人見知りしたり、保育園登校をいやがったりする子どももいます。ある程度大きくなってから人見知りが出て保育園に通えない日々は大変。泣きわめいて嫌がる子どもを抱いて、保育園に連れて行っても泣いて追いかけてきたり。ママ後ろ髪を引かれる思いです。

0歳から預けている場合、子どもにとって生まれてすぐから知っているメンバーなので、保育園の人たちに対して人見知りはありません。ある程度ママに懐いてから保育園似れて人見知りをする、という苦労なくスムーズに保育園生活を送ることが出来ます。

たくさんの言葉や表情を覚える

ママがワンオペで育児すると、洗濯したり、洗い物をしている間、赤ちゃんと顔を合わせてコミュニケーションをとる余裕はありません。思っているよりひとりで子育てするのは楽じゃないんですね。夕方には買い物に行き、今日のレシピ探しに必死。ママ一人の育児だと、ゆっくり顔をみてコミュニケーションをとる時間も少なくなるけど、0歳から保育園に入っていると、日中保育園でゆっくり他の赤ちゃんや保育士さんたちとコミュニケーションをとることができます。

0歳は一番ひとの表情を読み取る能力が成長する時。0歳から保育園に行くからと言って、すべてがマイナスではないんですね。

 



2歳から保育園に入れるメリット

2歳から保育園に入れるメリット

赤ちゃんの間はママとの時間をゆっくり過ごせる

0歳から3歳くらいまでは、子どもにとって母子の関係性が以降の人間関係に影響するとも言われています。子どもの精神的な成長を期待して、赤ちゃんとママが良い関係を気づき、濃厚な時間を過ごしてから保育園に預けるのもひとつの手。

2歳くらいになってくると、子どもの遊びの行動範囲も広くなってくるので、この時期に保育園にいれたりするのは良いタイミングかもしれません。

ママがイヤイヤ期のストレスが少ない

2歳と言えば、自己主張が強くなる年齢。自分でなんでもしたいけど出来ない。そのもどかしい思いが「イヤイヤ」になって出てくるようになります。イヤイヤ期にずっと一人で子守するのは結構大変。ママの育児ストレスも増大します。この時期に保育園に入所すれば、ママの負担も少なくすることが出来、遊びたい盛りの2歳児も、お外やお部屋で同年代の子ども達と思い切って遊ぶことが出来ます。

子どもがたくさん外遊びをできる

2歳児といえば歩けるようになり、昇ったり、降りたり、ジャンプしたり。数年前は寝たきりの赤ちゃんだったのに、急激に身体能力が成長します。遊びのエネルギーは有り余っているため、おうちでママとだけで過ごすのは物足りない。おまけに身体能力が急激に成長する年でもあります。保育園では、年齢に応じた遊びをいろいろ取り入れてくれるため、遊び鯛盛りの2歳児の身体能力を最大限引き出してくれる場所でもあります。

友だち遊びを体験できる

おうちでは体験できない、同年代の子ども達との関わり。一緒にごはんを食べたり、遊んだり、お昼寝したり。もし一人っ子であっても、早くから保育園に入所することで、同世代の子たちの関わり方を身をもって学ぶことが出来ます。また”一人で遊ぶ”から”みんなで遊ぶ”、コミュニケーション能力も著しく成長していく年齢。心身ともに多側面から成長させたいのであれば、早くからの保育園生活もすべてがマイナスではありません。

 



現役ママに聞く。保育園いつから預けた?口コミレビュー

 

ゆきさん:41歳・・2歳から認可保育園

半年以上保活を頑張って、子どもが2歳になる頃、近くの認可保育園に入所することができました。

慣らし保育の間、私と離れる時にギャン泣きしていて、すごく心配でした。預けに行くときはやはり私と離れたくなさそうですが、ものの3日くらいもすれば友達にも慣れてきたようで、迎えに行くと楽しそうに遊んでいる光景を見るようになりました。保育園に行くようになってから、生活リズムがついたのか、疲れてしまっているのか、夜がぐっすり寝るようになって一気に夜泣きが激減。母親のわたしも睡眠時間を確保できるようになり、すごく助かりました。わたしも子ども一色だった毎日から、一人になる時間も持てるようになり、ちょっとコーヒーを飲んだり、美容院に行ったりする機会もできました。本当に保育園様様です。

2歳といえば、言葉が話せる子もいれば、まだ全然話せない子もいる年代。わたしの子はまだ全然言葉が話せませんでしたが、保育園にいくようになってから、急激に言葉を話すように。どうも子ども同士で遊びを介してお話しているうちに、単語で少しずつコミュニケーションをとれるようになったみたいです。

3歳児神話とか、三つ子の魂百までとか言いますけど、小さいうちから同年代の子どもたちと触れ合える環境は、成長にとってプラスなこともたくさんあります。お母さんがしんどいと感じながら無理して子守するより、お母さんの休息、子どもの成長を目的に保育園を利用するのは、小学校就学前の子育てにすごく良い選択だと思いました。

 

ポイント

保育園に申し込んでも待機児童が多くて入れず。しぶしぶ1歳から無認可の保育園に預けることにしました。多くの無認可保育園では、年齢関係なく子どもをごちゃまぜで保育しているので、日常生活の食事、着替え等できる子とできない子の差が大きい。お昼ご飯はまだ親の介助がいる子だったのですが、先生たちは食事を介助してくれず、お昼ご飯を食べていないなんてことがザラにありました。おまけにおもちゃのとりあいひとつでも、やはり強い子が勝ってしまいます。無認可保育園ではよく泣いていて、保育園を嫌がっていましたね。

その後無事認可保育園に入所。認可保育園は年齢層ごとにクラスわけされているので、年齢に応じた日常生活と遊びを提供してくれます。食事は上手に食べれない子は先生が介助したり、教えてくれたり。おもちゃも十分、年齢に応じたおもちゃが一定数あるので、おもちゃをとられて泣いてる、なんてこともなくなり、楽しそうに保育園に通うようになりました。3歳以下の子どもを預けるなら、やはり保育士の人数や設備の基準をクリアしている認可保育園か、子どもの年代別保育を重視している施設がいいと思います。

 



保育園に何歳から入れたらいい?悩んだときは

保育園に入れる年齢は、まず家族のライフスタイルにとって、どれくらい保育が必要なのかを考える必要があります。どれくらい、どんな保育が必要かがわかれば、家庭にとって必要な保育の時間帯や時間の長さによって、認可保育園か無認可保育園かの選択肢が分かれてきます。

 

保育園に入れる年齢は、各家族様々です。決して0歳から預けることすべてがマイナスになるわけでもなく、3歳以降に預けることが良いとも限りません。預ける保育園との相性や、保育園の保育制度が家族のライフスタイルに合っているか等、保育園に入れるタイミングの判断は多様です。

 

保育園に預けるタイミングで一番大切なことは、保育園に子どもが通うことで

  • ママ・パパもハッピー、育児が楽になる
  • 子どももハッピー、成長できる

の、2つが成り立っていること。

 

大人でもあわない職場でがんばることは、すごく苦痛なように、子どもも合わない場所で過ごすことはとても苦痛です。無理に条件の悪い託児所等に子どもを入れて、子どもが園内で辛い思いをしているなら、子どもにとって保育園に預けられることはマイナスです。成長にも悪い。またどれだけ素晴らしい保育園を見つけても、ママやパパのライフスタイルに合わない保育園だったら、ママ・パパの負担が大きくなり、育児負担が辛くなってきます。

 

家族が幸せに毎日を送れるために、どんな保育園がふさわしいのか。そのためには何が必要か。

家族で話し合い、しっかり考えて入所を検討していきましょう。

年収別【保育園の費用】一覧:保育料はいくら?共働きも計算できる

  あなたの保育園料はいくら?ここでは親の年収から予測される保育園料を詳しく解説。共働きで ...

続きを見る

保育園と幼稚園の違い比較表:一目でわかる施設の違い

  そろそろ子どもも幼稚園か保育園に通う年頃・・ 幼稚園と保育園、どっちがいいの? 幼稚園 ...

続きを見る

 


子どもの成長に合わせて、
「保険」
見直してますか?



子どもが生まれると、ライフスタイルや収入が大きく変わります。

学資保険や医療保険は特に子ども生活に大きくかかわる保険。しっかり吟味しておきたいところ。

保険は保険会社や契約によって、同じ保障の保険でも、年間数十万の違いが出ることも。

保険の法改正や各保険会社の新しいサービスなどで、自分に合う保険は日々変わります。

だからこそ、定期的に専門的知識がある人に、見直してもらうことが大切。

  【保険ニュース】は、保険商品に精通したファイナンシャルプランナーが、あなたの保障をプロの視点から見直しします。費用は無料。

「毎月の保険料が高い。もっと安くならないかな?」

「そろそろ子どもの将来のために学資保険をかけたいけど、どこがいいのかさっぱりわからない。」

あなたの家族にピッタリな保険、同じ保障でもっと安い保険があるかもしれません。

相談は【保険ニュース】へ。


-保育園

Copyright© 子育てうぇぶ , 2020 All Rights Reserved.