子どもの成長

赤ちゃんの言葉はいつからしゃべる?言葉の発達「段階」と「順序」

投稿日:

 

子どもが成長していくと、気になってくるのが言葉の発達。

 

  • うちの子、言葉が遅い気がする・・。
  • 赤ちゃんっていつから言葉を話せるようになるの?

 

言葉の発達には、順序と段階があります。

子どもの言葉の発達には順序があります。生まれてから約5歳くらいまでに、急激に言葉を学び、話すことを習得します。この記事では、おおよその月齢・年齢によって習得する言葉の段階について紹介していきます。

 



赤ちゃんの言葉の発達

赤ちゃんの言葉の発達は以下のような基準で成長していきます。

出生~1か月

まだ言葉を発するという概念はなく、不快なことに対して、「泣く」というかたちで発声する時期。

2~10か月

意味はないが、鳴き声とは違う「喃語」を発する時期。喃語とは、「ばぶばぶ」「あば」「あうあう」など、意味のない単語を発声するようになることです。泣き叫ぶわけでもなく、反復的に言葉を発するようになります。喃語は言語を獲得する前段階であり、声帯の使い方や発声される音を学習しているとも言われています。

参考Wikipedia:喃語

1歳前後~1歳半

一語の意味を持った言葉を話す時期。ママ、パパ、ブーブーなど。10ヶ月ごろまで発する喃語とは違い、言葉そのものに意味があるのが特徴です。通常では1歳~1歳半くらいまでに、意味のある単語をいえる「初語」が認められるようになります。

1歳半~2歳

指さしが始まり、ものと言葉の関係を学習する時期。言葉でコミュニケーションをとれるようにもなってきて、2歳くらいまでに「まんま、ちょうだい」「わんわん、きた」等、二語文を使えるようになります。

2歳~2歳半

二語文などを話しはじめ、知っている言葉を並べて、語彙が急速に増えていく時期。イヤイヤ期ともいわれる時期で、如実に言葉で自分の意思を伝えるようになってきます。

2歳半~3歳

多語文で、まとまった内容を構成した話や質問などができるようになる時期。

3~4歳

話言葉がひととおり完成する時期。

4~5歳

言葉によって十分なコミュニケーションや想像ができるようになる時期。

 



言葉の遅れが心配なとき

赤ちゃんが生まれてから、ある程度言葉でコミュニケーションがとれるようになる3~5歳まで、子どもは急激に言葉が発達していきます。言葉の発達は養育環境などによっても成長に違いがあり、個人差が大きいものです。言葉の遅さに心配になることもありますが、言葉に遅れがあるかどうかは、慎重に評価していく必要があります。おおよそ1歳半までに全く言葉を理解していない様子があれば、難聴や神経発達に異常がある可能性もあります。1歳半を過ぎても言葉を理解していない様子があれば、医療機関を受診するようにしましょう。

 

参考文献

 

 


子どもの成長に合わせて、
「保険」
見直してますか?



子どもが生まれると、ライフスタイルや収入が大きく変わります。

学資保険や医療保険は特に子ども生活に大きくかかわる保険。しっかり吟味しておきたいところ。

保険は保険会社や契約によって、同じ保障の保険でも、年間数十万の違いが出ることも。

保険の法改正や各保険会社の新しいサービスなどで、自分に合う保険は日々変わります。

だからこそ、定期的に専門的知識がある人に、見直してもらうことが大切。

  【保険ニュース】は、保険商品に精通したファイナンシャルプランナーが、あなたの保障をプロの視点から見直しします。費用は無料。

「毎月の保険料が高い。もっと安くならないかな?」

「そろそろ子どもの将来のために学資保険をかけたいけど、どこがいいのかさっぱりわからない。」

あなたの家族にピッタリな保険、同じ保障でもっと安い保険があるかもしれません。

相談は【保険ニュース】へ。


-子どもの成長
-

Copyright© 子育てうぇぶ , 2020 All Rights Reserved.